ヘアカラーが合わない。どうする?白髪。

ヘアカラーが合わない。どうする?白髪。

昔はヘアカラーが染みるとか感じることはなかったのですが、

ここ5年ぐらいかな?美容室でカラーを塗ってもらっている最中から頭皮がキューっと鷲掴みされているような感じや、ヒリヒリしたりするようになり、

できるだけオーガニックや髪に優しそうなものをお願いして更に頭皮に保護剤をつけてもらったりしても、

その時は大丈夫でも次の日から痒みがでたりするようになりました。

おそらくジアミンアレルギー。

でも白髪は容赦なく生えてくる・・・

ジアミンアレルギーって?

市販の白髪染めや美容室のカラーにもほとんど含まれているジアミン。

ジアミン染料と呼ばれる”酸化染料の一種”です。

代表的なものがパラフェニレンジアミン(PPD)と呼ばれる成分になり、

他にも塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール、硫酸トルエン-2,5-ジアミン

などジアミンの名の付くものがたくさんあります。

濃い茶色や黒色を出すのに優れた染料だそうで白髪染めに特に使われるとのこと。

こちらにアレルギーがあると、

頭皮がヒリヒリしたり、痒くなるばかりでなく、

ひどい場合は全身に症状が出たりします。

顔やまぶたの腫れだけにとどまらず、呼吸困難やアナフィラキシーショックなどを起こしてしまう可能性があります。

怖いですね。

しかも一度発症するともう治ることはないのです。

ジアミンアレルギーになったら白髪はどうしたらいいの?

今は白髪をありのままに残しておく人もいるけど、

私はまだそこまで割り切れない。

だけど染められない。

どうしたらいいんだろう?

そこで

まずひとつはヘアマニキュアをする。

というのもあります。

ヘアマニキュアはドラッグストアでもスーパーでも手に入りますし、

ジアミンは入ってないのでしみたりはしません。

髪の毛も傷めません。ただデメリットは色持ちがあまり良くないということ。

あと、頭皮や皮膚につくと落ちにくいので家庭でやるには少しめんどくさい。

トリートメントカラーをつかう

ドラッグストアやテレビの通販番組などでトリートメントで染まるものを買って使ってみましたが、

気になるもみあげや前髪の内側中心につけていても思うように生え際が染まってなかったり、

シャワーだけで済ませたいときに10分とか15分とか待つのがめんどくさくてなかなか使わなくなったり、

洗い流しの水に色がなくなるまで流そうと思ったら果てしなくながかったりでなかなかうまく行きませんでした。

ワタシ的にはこのいつまで流していいのかわからないのがいちばん面倒に感じました。

そんな市販のものの中でもこちらは一番使いやすいと感じました。

リライズ

泡出でてくるのでつけやすいし、

置き時間は5分でいいし、いつまでも流し続けなくてもすぐに色のついた水ではなくなるし、

染まり具合も自然で今もバスルームにあります。

まずは3日間続けてあとは週一回でキープできます。

↑付け替え用もあります。付け替え用は値段は一緒ですが、容量が多くなっています。

ただ、色が黒かグレーしかないのが残念なところ。

でも黒でもいかにもな黒ではなくとても自然な黒なので明るい髪を好む方でなければ問題はなさそうです。

まとまり仕上げもあります。(上はふんわり仕上げです)

またいろいろネット検索しているうちに見つけて注文してみたのがこちら。

マルベールロイヤルカラー

ほんとうに感動しました。

生え際もきっちり染まっているし、

トリートメントと違い、一度染めたら長持ちします!!

でも染め方はトリートメントと変わらない。

続けて使わなくていいのが楽ちん。

●ダークブラウン●ブラウン●ライトブラウン●レッドブラウンの4色があります。

2つのチューブを混ぜて使います。(2つで1セット)

一箱に4セット入っています。

ベリーショート:1セット
ショート:2セット
セミロング:2セット
ロング:3セット
リタッチ:1セット

を使用します。

☆使い方

・髪を濡らす(整髪料など使っていたらシャンプーする)

・タオルドライする。

・2種類のチューブを混ぜ、髪に塗布する。

・泡立てるようになじませる。

・5〜15分置く。

・すすぐ。

きれいに染まるので超おすすめです。

もみあげや前髪のみの白髪が気になるなら少量で済むのでより経済的です。

トリートメントはある程度続けないと薄まっていくので面倒ではありますよね。

ジアミンは配合されていませんが念の為パッチテストをしてから使うと安心。

まとめ

ある日突然起こったジアミンアレルギー。

もう染められないの?と焦りましたが、

面倒ではない方法で染めることができるようになったので安心しました。

普通に白髪染めするよりもこまめにリタッチできるのでより楽になったかもしれません。

ジアミンアレルギーの方にはもちろんそうじゃない方にもおすすめできます。